慰謝料の相場

夫または妻の不貞行為によって、夫または妻やその不倫・浮気相手に慰謝料請求をする場合に、請求できる金額のことが気になるという人は多いでしょう。はっきりとした金額がわかればスッキリとした気持ちになれるというものです。しかし、慰謝料の金額にはっきりとした基準はありません。認められる金額はケースバイケースです。

電卓実際の裁判によって裁判所が下した法律的判断のことを判例といいますが、判例などを参考情報としてどのぐらいの慰謝料の支払いになるのか予想することは可能です。たとえば離婚や別居はしないで夫婦関係を続けていくケースで、単に夫または妻が浮気をしただけの場合は、50~100万円の金額になる可能性が高いでしょう。一方、夫または妻の浮気がきっかけで別居をすることになった場合は100~200万円の金額になることが、離婚をすることになった場合は200~300万円の慰謝料になる可能性が高いです

上記の情報をまとめると、50~300万円が慰謝料の相場ということになります。不倫・浮気によっていたった問題が深刻であるほど、慰謝料も高額になることが多いという見方をすることができます。ただし、不倫・浮気が不貞行為にあたらないと判断されれば、慰謝料の請求は認められません。