不貞行為になるケース

不貞行為は結婚をしている人がパートナー以外との異性と自らの意思で肉体関係にいたることです。一般に不倫・浮気といわれるような行為でも、肉体関係が伴わないパートナー以外との異性との真剣交際では、不貞行為には該当しません。パートナーとしては非常に悔しい、ツライものです。ただし、離婚理由にはなり得ます。

逆にドップリとパートナー以外の異性との交際にはまっていなくても、肉体関係を伴っていれば不貞行為になり得ます。1回だけ肉体関係にいたったというケースでも、発覚すればそれは不貞行為になり得ますし、それが酒に酔った状態で行なわれたものであったとしても、基本的には不貞行為に該当することになるでしょう。

風俗の女性また、これは予想外だったと思う人もいるでしょうが、風俗店での肉体関係は不貞行為になり得るものです。不倫・浮気でその相手や家族を傷つけたり迷惑をかけたりするよりはマシと目をつぶっている人もいるでしょうが、不貞行為になるのです。これは風俗店を利用する側だけでなく、働いている場合も不貞行為にあてはまることがあります。

そのほか、別居後に配偶者以外の異性と肉体関係を持った場合も、不貞行為にあてはまることがあります。別居していても、法律的な判断で婚姻関係が破たんしているとはいえないケースがこれにあたります。