不倫トラブルと慰謝料

不倫・浮気のトラブルが発生し、された側が離婚や慰謝料の支払いを求めるというのはよくある話です。ただ、不倫・浮気は法律用語ではありません。法律用語では不貞行為といって、これにあたるかどうかが慰謝料の支払いが認められるかどうかを左右することになります。不貞行為というのは、結婚している人がパートナー以外の異性と自らの意思で肉体関係におよぶことを意味しています。そしてこの不貞行為への損害賠償として金銭の支払いを求めることが慰謝料請求です。

お金慰謝料は結婚している夫または妻による不貞行為が原因で受けた、パートナーの精神的ダメージや夫婦関係が壊れてしまったことなどの損害を償うためのお金のことです。損害賠償をするのは不貞行為をした夫または妻と、その夫または妻と肉体関係にいたった異性です。不貞行為をされたパートナーはどちらにも慰謝料の支払いを求めることが可能ですが、夫または妻ではなく、その不倫・浮気相手にだけ慰謝料を求めることが多いです。

慰謝料請求は夫または妻の不貞行為によって行なえるようになるものですが、不倫・浮気をされた側が不貞行為と思っていても、法律上では不貞行為に該当しないことがあります。また、慰謝料といっても一体どのぐらいの金額が支払われることになるのか、疑問に感じている人もいることでしょう。今回はどういう場合に不貞行為となり得るのか、ならないのか解説するとともに、慰謝料の相場についても解説させていただきます。