ならないケース

夫婦不倫されている、浮気されていると思っていても、不倫・浮気をしている配偶者とその相手がプラトニックな関係であれば不貞行為には該当しません。内縁関係にない、婚姻届を提出していないカップルの浮気も、不貞行為にはあたりません。強姦に関しても、加害者は不貞行為をしたことになりますが、被害者は不貞行為をしたことになりません。不貞行為は自分の意思で性的関係にいたるというのが定義だからです

別居状態にある夫婦でも、その状態で配偶者以外の異性と肉体関係を持ったとしても、不貞行為に該当しないことがあります。婚姻関係が実質的に見て破たんしている状態であれば貞操義務はなく、不貞行為に該当しないという判断になります。婚姻関係にある限りどういう状態でも不倫は不倫、浮気は浮気ということにはならないわけです。

そのほか、風俗店の利用や風俗店で働くことを、家庭内の事情があって夫婦間で認め合っていることもあるでしょう。この場合も家庭内の平和を崩壊させるようなものではなく、不貞行為に該当しない場合があります。また、同性愛に関しては、不貞行為が異性との肉体関係と性交が基本としてあるため、同性間での性交の類似行為は不貞行為にあたらないという見方がされています。