ならないケース

夫婦不倫されている、浮気されていると思っていても、不倫・浮気をしている配偶者とその相手がプラトニックな関係であれば不貞行為には該当しません。内縁関係にない、婚姻届を提出していないカップルの浮気も、不貞行為にはあたりません。強姦に関しても、加害者は不貞行為をしたことになりますが、被害者は不貞行為をしたことになりません。不貞行為は自分の意思で性的関係にいたるというのが定義だからです

別居状態にある夫婦でも、その状態で配偶者以外の異性と肉体関係を持ったとしても、不貞行為に該当しないことがあります。婚姻関係が実質的に見て破たんしている状態であれば貞操義務はなく、不貞行為に該当しないという判断になります。婚姻関係にある限りどういう状態でも不倫は不倫、浮気は浮気ということにはならないわけです。

そのほか、風俗店の利用や風俗店で働くことを、家庭内の事情があって夫婦間で認め合っていることもあるでしょう。この場合も家庭内の平和を崩壊させるようなものではなく、不貞行為に該当しない場合があります。また、同性愛に関しては、不貞行為が異性との肉体関係と性交が基本としてあるため、同性間での性交の類似行為は不貞行為にあたらないという見方がされています。

不貞行為になるケース

不貞行為は結婚をしている人がパートナー以外との異性と自らの意思で肉体関係にいたることです。一般に不倫・浮気といわれるような行為でも、肉体関係が伴わないパートナー以外との異性との真剣交際では、不貞行為には該当しません。パートナーとしては非常に悔しい、ツライものです。ただし、離婚理由にはなり得ます。

逆にドップリとパートナー以外の異性との交際にはまっていなくても、肉体関係を伴っていれば不貞行為になり得ます。1回だけ肉体関係にいたったというケースでも、発覚すればそれは不貞行為になり得ますし、それが酒に酔った状態で行なわれたものであったとしても、基本的には不貞行為に該当することになるでしょう。

風俗の女性また、これは予想外だったと思う人もいるでしょうが、風俗店での肉体関係は不貞行為になり得るものです。不倫・浮気でその相手や家族を傷つけたり迷惑をかけたりするよりはマシと目をつぶっている人もいるでしょうが、不貞行為になるのです。これは風俗店を利用する側だけでなく、働いている場合も不貞行為にあてはまることがあります。

そのほか、別居後に配偶者以外の異性と肉体関係を持った場合も、不貞行為にあてはまることがあります。別居していても、法律的な判断で婚姻関係が破たんしているとはいえないケースがこれにあたります。

慰謝料の相場

夫または妻の不貞行為によって、夫または妻やその不倫・浮気相手に慰謝料請求をする場合に、請求できる金額のことが気になるという人は多いでしょう。はっきりとした金額がわかればスッキリとした気持ちになれるというものです。しかし、慰謝料の金額にはっきりとした基準はありません。認められる金額はケースバイケースです。

電卓実際の裁判によって裁判所が下した法律的判断のことを判例といいますが、判例などを参考情報としてどのぐらいの慰謝料の支払いになるのか予想することは可能です。たとえば離婚や別居はしないで夫婦関係を続けていくケースで、単に夫または妻が浮気をしただけの場合は、50~100万円の金額になる可能性が高いでしょう。一方、夫または妻の浮気がきっかけで別居をすることになった場合は100~200万円の金額になることが、離婚をすることになった場合は200~300万円の慰謝料になる可能性が高いです

上記の情報をまとめると、50~300万円が慰謝料の相場ということになります。不倫・浮気によっていたった問題が深刻であるほど、慰謝料も高額になることが多いという見方をすることができます。ただし、不倫・浮気が不貞行為にあたらないと判断されれば、慰謝料の請求は認められません。

不倫トラブルと慰謝料

不倫・浮気のトラブルが発生し、された側が離婚や慰謝料の支払いを求めるというのはよくある話です。ただ、不倫・浮気は法律用語ではありません。法律用語では不貞行為といって、これにあたるかどうかが慰謝料の支払いが認められるかどうかを左右することになります。不貞行為というのは、結婚している人がパートナー以外の異性と自らの意思で肉体関係におよぶことを意味しています。そしてこの不貞行為への損害賠償として金銭の支払いを求めることが慰謝料請求です。

お金慰謝料は結婚している夫または妻による不貞行為が原因で受けた、パートナーの精神的ダメージや夫婦関係が壊れてしまったことなどの損害を償うためのお金のことです。損害賠償をするのは不貞行為をした夫または妻と、その夫または妻と肉体関係にいたった異性です。不貞行為をされたパートナーはどちらにも慰謝料の支払いを求めることが可能ですが、夫または妻ではなく、その不倫・浮気相手にだけ慰謝料を求めることが多いです。

慰謝料請求は夫または妻の不貞行為によって行なえるようになるものですが、不倫・浮気をされた側が不貞行為と思っていても、法律上では不貞行為に該当しないことがあります。また、慰謝料といっても一体どのぐらいの金額が支払われることになるのか、疑問に感じている人もいることでしょう。今回はどういう場合に不貞行為となり得るのか、ならないのか解説するとともに、慰謝料の相場についても解説させていただきます。